風俗の体験談を読むと、やはり風俗に勝る素晴らしいコンテンツはないと実感できるんです!

風俗と言えばデリヘルですよね!

投稿日:2016年11月18日

私が初めてデリヘルに行ったのは今から13年前のこと。当時はファッションヘルスがまだ主流の時代で、デリヘルは風俗の中ではまだまだ新しい存在でした。デリヘル嬢を読んだ場所は、繁華街にある安いラブホテル。当時私は結婚していて妻も子供もいたので自宅を利用するわけにはいきませんでした。そのため会社の飲み会の帰りにラブホテルに寄ってデリヘル嬢を頼み、90分コースにしてプレイを楽しみました。私を相手してくれた女の子は当時で23歳。大学を出たての若い女の子でした。私は若い女の子が好みだったので大興奮!当時私は35歳だったのですが年甲斐もなくにかいも射精してしまいました。相手の女の子も敏感な体質のようで、私の攻めにヒーヒーと声を上げながら体をいやらしくくねらせ感じていました。おそらくプレイ時間の中で3回くらいはオーガズムに達していたと思います。プロの女の子をオーガズムに導く…これは、男冥利に尽きること。今でも人生の誇りにしています。13年経った今でも、デリヘルはよく利用します。やはり風俗と言えばデリヘルですよね!

育ち盛りの良い娘

昔あるデリヘルを利用した時の話です。昔といっても相当昔で、今みたいにいろんなバリエーションのお店がまだ無かった頃です。在籍嬢は大抵20代で、30超えはほぼ皆無でした。嬢選びが楽しい時代ですが、その時は情報も少なく、HPを作っていないお店もあったほどです。選ぶ基準があったにせよ、それを推し量るものが無いのが痛い時代でした。ですので勘を働かせ良い嬢が来た時はそれはうれしいものでした。恐らくデリそのものの利用が3回目くらいの時でした。指名したのは21の子で、素朴さがイイ感じでした。来た瞬間「ヨッシャー!」という感じでした。脱げば実にイイカラダです。当時まだ若かった自分ですが、時代劇に出てくる悪代官のように嬢の体を舐めまわしたのを覚えています。おっぱいも弾力があり、聞けばまだ大きくなっている途中らしいのです。フェラは今と違い口外発射ですが、満足のいく内容でした。おっぱいがまだ育ち盛りのカラダを十二分に堪能出来たのがかなり良かったのです。